スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07 工業化学科コース分け

070801.jpg


 工業化学科では,2回生後期より,「工業基礎化学コース」,「創成化学コース」,「化学プロセス工学コース」なる3つのコースに分かれます。そのための研究室訪問が7/31と8/1に実施されています。
 辻研究室は工業基礎化学コースに属しています。ちょっと,この「工業基礎化学コース」の名前が古めかしいとの議論があります。でも,我が京大工学部化学系は極めて『基礎』を重視しています。その大きな成果が福井謙一先生の日本で初めてのノーベル化学賞へ繋がったのでしょう。福井先生は,極めて応用性の高い学科(燃料化学科,石油化学科)で,極めて基礎的な「化学理論」を打ち立てられたのです。最も応用性が高いのは,最も基礎的なことである。最も基礎的な事項の集大成である「教科書」ほど応用性の高いものはない・・・。その後も,京大工学部化学系には脈々と基礎を重視する思想が培われています。ぜひ,君もその伝統に加わってください。
 コース分けは大事です。ぜひ,研究室を訪問し,いろいろな情報を集めて決断してください。待っています。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。